大谷大学
 
資料請求

menu

教育学部の学び

学部共通の学習支援

  • 実践型の学び

    卒業後の進路を意識した学びを展開。早期から、教育・保育の現場を体験できる授業を取り入れ、ロールプレイングやディスカッションなどを通して実践力を養成します。

    • ・模擬授業、模擬保育
    • ・ディスカッション型授業
    • ・アクティブ・ラーニング指導法
  • 地域連携の学び

    地域社会に開かれた学部として教育施設や保育施設、福祉施設などと連携。ボランティア活動などを通じて、教育・保育の現場を間近で体感することができます。

    • ・小学校、幼稚園、保育園へのボランティア体験
    • ・地域貢献活動
    • ・おおたにキッズキャンパス
  • 仏教の教えに触れる学び

    建学の精神である「本務遂行・相互敬愛・人格純真」に基づき、教育・保育における慈悲のこころを重要視しつつ、自己理解、他者理解を深めていきます。

    • ・1年次より、大学独自の必修科目「人間学」を開講
  • 子どもを理解する学び

    心理学の知識を重視した教育指導のノウハウを生かして、子どもや保護者のこころを深く理解し、寄りそえる先生を育てていきます。

    • ・子ども心理への理解を深める「心理学」を開講

学びの
TOPICS

おおたにキッズキャンパス

小学校や幼稚園の教員、保育士をめざす学生が中心となり、地域交流として音楽教室など様々なイベントを実施。
図画工作や理科実験などを通して、子どもとの関わり方を実践的に学んでいきます。

認定資格「保育心理士(二種)」 ※幼児教育コースのみ

子どもや保護者に向き合い、こころのケアまでをカバーできる保育の専門家「保育心理士」の資格が取得できます(申請予定)。複雑化する保育現場において、現役の保育士の取得希望者も増えています。

教職支援センター

教職アドバイザーによる個別指導

小学校や中学校で校長経験があり、教育委員会では、人事主事や指導主事などの教員指導経験がある教職アドバイザーが常駐し、面接や筆記試験、模擬授業試験をサポートします。採用試験や教員をめざすうえでの心構えはもちろんのこと、ボランティアでの相談や児童・生徒への支援方法などの相談もマンツーマンでサポートします。

豊富な資料と教材で学習環境も充実

教職支援センターに隣接した資料室には、約4,100冊(CD/DVDを含む)の教科書や指導書の他、模擬授業や教育実習のための教材、各自治体の過去問題集や教育新聞など多くの資料を配架しています。学習スペースでは、お互いに協力し合って模擬授業の準備や採用試験の勉強会が行われます。