大谷大学
 
資料請求

menu

学生メッセージ幼児教育コース

経験を積めば積むほど、自分自身の成長を実感。保育現場が一番の学びの場です。

「教育に強い」という高校の先生からの評判を受けて、大谷大学を選択。
実践型の学びが豊富で、附属の大谷幼稚園にも、
ボランティアで行事のお手伝いによく行っていました。
実際に子どもと接してわかったのは、「褒める」「叱る」ことの難しさ。
保育の知識や技術がまだまだ足りないと痛感してからは、
より真剣に勉強に取り組むようになりました。
私が目標としているのは、保育園実習で出会った現場の先生です。
子どものやんちゃな行動の裏に隠されたさびしさに気がつき、
やさしく寄りそう姿に胸を打たれました。
入学当初は、子どもが好きという想いだけで、
保育の仕事に就きたいと考えていましたが、その姿を見てからは、
保育者になることへの責任感や覚悟が芽生えたように感じます。
保育の学びにおいて、経験に勝るものはない。
そう思えるのは、ボランティア活動や実習を支援してくださる
大谷大学の先生や、教職支援センターのスタッフの方がいてくれたからこそ。
この恵まれた環境でさらに2年、保育を学びたいという想いが強くなり、
この春、教育・心理学科へ編入しました。
今後も現場経験を積み重ね、
目標の先生に近づけるよう努力していきたいです。

1年次の後期から始まる「実践体験活動演習(幼)」では、地域の保育施設でボランティア活動を実施。早期から子どもとふれ合う機会を設け、保育の技術はもちろん、保育者に必要な心構えも身につけます。