大谷大学
 
資料請求

menu

学生メッセージ初等教育コース

ボランティア活動に参加するたびに、先生になりたい想いがより強くなっていく。

思いやりのこころを育む先生になりたい。
その決意を持たせてくれたのが大谷大学です。
両親が教師をしていて、その背中を見て育ったこともあり、
自然と先生をめざす道へ。
大学に設置されている教職支援センターは、
ボランティア活動への参加を奨励していて、
1年次から様々なプログラムを紹介してくれます。
私も小学校の学習支援ボランティアや、
野外活動の引率ボランティアに挑戦。
地域交流イベントの「おおたにキッズキャンパス」では、
子どもとの関わり方や保護者の対応を学ぶことができました。
その中で、子どもたちの成長を感じる瞬間に何度も立ち会い、
先生という目標が強く確かなものになっていきました。
さらに現場での経験を積むために、
4月から京都市の総合育成支援員として、
普通学級に在籍する支援が必要な子どもたちをサポートしています。
大谷大学の先生は、学生一人ひとりの頑張りを見ていて、
アドバイスをくれたりさらに成長するための場を用意してくれたり、
とても心強い存在です。授業だけでは得られない、
現場での経験を力に変え、子どもたちに信頼される存在になれるよう、
一緒に学び続けられる教師をめざします。

「おおたにキッズキャンパスおでかけ隊」や「学校ボランティア」では、地域の小学校などに出向き、実際に子どもと交流。教えることのやりがいや難しさを実感し、現場で求められる実践力を養うことができます。